【コインまとめ】 匿名型 仮想通貨リスト 完全版

2017年、匿名性のある仮想通貨が一躍人気になりました。

元々人気のある Dash や Monero などをはじめ、1万倍以上の値上がりをした Verge など、それまでマイナーだったコインも注目されるように。2018年に入るとさらに、フォークコインでも搭載される人気の機能になりました。

そんな標準機能となりつつある匿名性を持つ仮想通貨についてまとめてみました。

匿名型仮想通貨って?

英語では Privacy Coin (プライバシーコイン)。
その名の通り情報の秘匿化を行う機能を持った仮想通貨のことを指します。

コインごとに多少機能は異なりますが、大体以下のような情報を隠ぺいする機能を持っています。

  • 送受信者のウォレットのアドレス
  • 送受信者のIPアドレス
  • 送受信の経路

つまり、入出金や送金が誰にも知られない仮想通貨です。

匿名型仮想通貨の現状

  • 2018年に入りプライバシー保護の観点から匿名性の需要が高まっている
  • 今後は仮想通貨の標準機能として匿名性が求められていくと予想されている
  • Bitcoin Private や Litecoin Private など、既存のメジャー通貨を匿名化したコインも誕生
  • 新しく作られるコインの半数以上が、匿名性があり扱いやすいDASHのフォーク
  • インフレの激しい国での安定した通貨個人情報を残したくない普段遣いの通貨としての利用が増えると見込まれている
  • マネーロンダリングや国などの規制を越えた違法な利用が懸念されている

2018年 注目のコイン

  • $PAC ($PAC)
    2月に登場した大人気 PAC の後継版。Dashフォークになり匿名性と即時決済を搭載。
  • Burst (BURST)
    3月のフォークで 匿名性 + DAGによる瞬時決済を搭載した いいとこ取り通貨に。マカフィも「過小評価されている」と言及。
  • SIBCoin (SIB)
    すでにロシアで一般的な決済手段のひとつ。規制の高まりにつれ需要も高まりそう。
  • Oyster (PRL)
    IOTA利用によるウェブ収益化+分散ストレージ。他にないコンセプト。
  • Phore (PHR)
    クラウドファンディングのプラットフォーム。金融系は今後仮想通貨の主流になりそう。
キッチン

匿名型 仮想通貨リスト

(10分おきに更新、エラーが表示された場合には再読込してください)
Error requesting data: cURL error 28: Operation timed out after 5000 milliseconds with 0 bytes received

(10分おきに更新、エラーが表示された場合には再読込してください)
Error requesting data: cURL error 28: Operation timed out after 5000 milliseconds with 0 bytes received

他にも匿名型のコインをご存知でしたら、ぜひお知らせください。